知的財産マッチングとは

大企業と中小企業の交流の場を提供

知的財産マッチングとは、川崎市産業振興財団の知財コーディネーターが知的財産を通じて大企業と中小企業の交流の場を提供するとともに、相互のをマッチングさせることです。相互のマッチングから契約交渉、事業化まで一貫したサポートを行います。
地域産業活性化を目指し、大企業・研究機関が保有する開放特許等の知的財産を中小企業に紹介し、中小企業の製品開発や技術力の高度化、高付加価値化を支援します

大企業の『知』と中小企業の『技』を繋いで相互に付加価値を

対象

大企業や研究機関等の開放特許等を活用して新製品開発等の新たなビジネス展開を目指す中小企業等

コーディネーターによるサポートの具体的内容

大企業や研究機関等と市内中小企業が知的財産を通じて相互に交流する場を提供し、下記のような具体的なサポートを行います。

  • 製品像・事業化計画の具体化
  • 大企業とのマッチング
  • 契約交渉の代行と手続き支援
  • 製品化支援(開発パートナー探し、性能評価など)
  • 資金獲得支援(公的助成制度活用など)
  • 事業化支援(広報媒体作成、特許等出願、販路開拓など

これまでに参加した大企業

参加企業

富士通、東芝、日立製作所、日本電気、味の素、パイオニア、日産自動車、ミツトヨ、NHK エンジニアリングシステム、出光興産、富士通セミコンダクター、NTT、日本ハム、キャノン、中国電力、イトーキ、シャープ、京セラコミュニケーションシステム、ソシオネクスト、富士通ゼロックス、シーメンス、トヨタ自動 車、荏原製作所、パナソニック、三井化学、日新製鋼、KDDI、ポリプラスチックス、キユーピー、本田技研工業、新電元工業、アネスト岩田、JR東日本、中部電力、森永製菓、日本無線、ヤマハ、関西電力その他国立研究開発法人 など多数

これまでのライセンス成功事例

開放特許の活用をお考えの方はこちらへ044-548-4164受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせ